1. トップページ
  2. 田村神社のご案内

田村神社のご案内

御祭神

  • 倭迹迹日百襲姫命
  • 五十狭芹彦命 (吉備津彦命)
  • 猿田彦大神
  • 天隠山命 (高倉下命)
  • 天五田根命 (天村雲命)

以上五柱の総称を田村大神と申す

倭迹迹日百襲姫命は皇祖第七代孝霊天皇の皇女で崇神天皇の御代に疫病で人々が苦しむのを救い、また武埴安彦の謀反を予知し未然に防ぐなど数々の勲功を上げた事により百襲(襲は勲功の約)の名を負う。

後五十狭芹彦命と西海鎮定の命を奉じて讃岐國に下り農業殖産の開祖神となった。御陵(昼は人が造り夜は神がこれを造ったといわれ箸の陵といわれている)は大和国城上郡大市村にある。

五十狭芹彦命は倭迹迹日百襲姫命の弟に当たり、四道将軍の一人で西海を鎮定し吉備国の祖神となった。

猿田彦大神は皇孫瓊瓊杵尊降臨のとき天の八衢に出迎えて先導を申し出、道途の安全を守護した神でこの神の向かうところはいかなる禍神も恐れて避け奉ったといわれ方除神として神威まことに偉大である。

天隠山命は皇祖神武天皇の御東征の際、窮地を救った神で後に御子天五田根命と共に紀伊国より当国に渡り山河をもって国郡の境界を分つなど開拓水利の基を定めた。

当社の起源は極めて古く社記によれば和銅二年(709)に社殿が創建されたとあり往古より「田村大社」「定水大明神」又は「一宮大明神」とも称され、人々より篤く崇敬されてきた。

嘉祥二年(849)従五位下に叙せられ貞観三年(861)官社となり名神大社に列せられ、讃岐國の一宮に定められて後は神階を授けられ建仁元年(1201)正一位の極位に叙せられた。

当社の奥殿の床下には深淵があり、厚板でこれを覆い殿内は盛夏といえども凄冷の気が満ちていて古くから神秘を伝えている。又領内で水旱があれば領主奉行は必ず先ず当社に祈願したといい、定水大明神と称される所以である。

奥殿深淵には龍が棲み、覗いたものは絶命するとされて、開かれたことがない。
古来、讃岐は雨が少なく、古代から溜池が作られてきたが、当社付近は香東川の伏流水が多い地域で、農耕に欠かせない湧き水への信仰が、祭祀につながったと考えられている。

枠で囲った場所をクリックすると、写真が表示されます。


※項目をクリックすると写真をご覧いただけます。

大鳥居

大鳥居 昭和55年建立 約17メートルの威容を誇る
お迎え布袋尊・大楠

お迎え布袋尊・大楠
鐘楼門

梵鐘には大祓詞が彫られている。大祓とは、個人のみならず広く天地の罪穢れを祓う為の文言。

十二支巡り

十二支巡り
忠魂碑

忠魂碑 一宮地区において、戦争で犠牲になられた方々の忠魂碑

海軍少年飛行隊の碑

予科練海軍飛行兵の冥福と平和を祈って建立された石碑。傍らにあるのは零戦のプロペラ部と二人の少年兵がたたずむ「若鷲の群像」

桃太郎の伝説

田村神社のご祭神である倭迹迹日百襲姫命は桃太郎の原型である吉備津彦の姉にあたる。

満豪開拓の碑

満豪開拓の碑
一宮天満宮

御祭神は菅原道真公。学業の神、また雷の神が転じて稲作の神としても尊崇厚い。

素婆倶羅社

御祭神は少彦名神。安産、病気平癒、身体健康などに霊験あらかたであり、特に女性の守護神として往古より参拝が多い。

安産子宝犬

犬はお産が軽く、多産であることから安産の象徴とされる。

神池

歌に曰く「田村の神は水の大神 御神体は龍神なり」との云われ通り、豊かに水が湧き出している。

弁財天

別名顔洗い弁天。水をかけてお参りすることにより美しさを得られると云われる。

七福神巡り

福をもたらす七つの神様の御神像が神池を巡らすよう配されている。

北参道

朱色の連鳥居の真ん中にはさぬき獅子の像が置かれている

宮島社

御祭神は市杵嶋姫命。芸能の神様として信仰厚い。広島の厳島神社の御分霊を頂き建てられた。

子育布袋尊

事情あって生れることの無かった水子達が布袋様に育てられ、幽世にて健やかであることを祈って建てられた。

淡島社鳥居

淡島社鳥居
わらべ七福神

わらべ七福神
稲荷社

お稲荷様が祀られているお社。商売繁昌の御神徳を求め遠近より様々な方が参拝にこられる。

狛犬

狛犬

宇都伎社

御祭神は大地主神、倉稲魂神 家内安全、生活守護の神としてお参りが多い。

姫の宮

小さなお社だが、縁結びの神様として崇敬されている。

本殿

御祭神は倭迹迹日百襲姫命、五十狭芹彦命、猿田彦大神、天隠山命、天五田根命、五柱を総称して田村大神と申す。ご神体は奥殿深くにおわす淵であり、涸れる事無き水源をもたらす神として古より信仰を伝えている。

大楠

樹齢800余年の楠の大木。神社の地下に豊かに貯えられる水によって大きく聳え立つ。

授与所

授与所
大鳥居

御鎮座1300年記念事業として2009年に建立。
左近の桜

左近の桜
龍神

田村神社のご祭神は龍神の姿で顕現なされたとの記録があり、境内にはあちらこちらに龍神の石像が見える。

社務所

社務所
随神門・表参道

御旅所から長く続く田村神社の表玄関。
相撲場

相撲場

田村神社会館

田村神社会館
五楽殿

五楽とは、琴瑟、笙、鼓、鐘、磬の五つの楽器の事。

建築物


奥殿本殿
春日造り。宝永七年(1710)松平氏の造営。御神座は奥殿にあり奥殿の前方は本殿に接続し、床下に深淵があるのは洵に社殿構設上の異例である。
幣殿拝殿
入母屋造り。明治十年再建
宇都伎社
本殿 春日造り。
幣殿拝殿 入母屋造り。 昭和六十二年再建
素婆倶羅社
本殿 春日造り。
幣殿拝殿 入母屋造り。平成十四年再建
天満宮
幣殿拝殿 入母屋造り。平成十七年再建

田村神社の出水

田村神社の出水

讃岐平野のほぼ中央に位置し、東には香東川が流れ地下にはその伏流水が流れており、地域の人々は井堰や出水を作り、生活用水や田畑の灌漑用水として利用するなどその恩恵を受けてきた。

当神社にもそこからの湧き水が三つあったが現在では御神体である淵と、境内東方にある袂井(たもとい)の二つのみである。西方にある花泉(はなのい)は涸れ井となっている。御神体の淵は社殿内にあり当然見ることは出来ない。

社伝によると御神体の淵には龍が住むという龍神伝説がある。
袂井は百襲姫命がこの地に御来臨した時、里人の奉る鳥芋(ごや)を食べてにわかに熱病に罹り、渇きをうったえられた時に侍女が袂を浸して水を奉った井といい、今日もなお、稲田灌漑の水源地であることから「田本井」(たもとい)ともいう。
花泉は百襲姫命が御手を洗われた所という。

史跡


花泉(はなのい)
境内の西端にある
袂井(たもとい)
境内の東方にある
休石(やすみいし)
神社の東方百メートルのところにあり、百襲姫命がかつて憩われた石と伝えられる
天降(あまくだり)
現今香川町大野に属し神社より南約二キロメートルのところにある御旅所の跡であり、
田村大神が示顕されたという深い由緒のある地である
市場
古い昔市立てを行った地で神社の西方にあり今日の地名に、
上市場、下市場、横内として残っている
一宮城
もと大宮司の住居していた所で神社の西北にあり今は僅かに旧跡を残す
田村神社大楠
本殿の向背部左側にあり、樹齢は七百年といわれ、市の名木に指定されている

社記の一節珍事録(高松藩寛永十九年より享保十七年に至る記録による)

明暦元年(1655)神社より社殿の改築工事の申請を受けた普請奉行竹村斉庵(たけむらさいあん)は、
神官へ社の下の淵を見たいと言い出した。
困った神官はどんな祟りがあるか分からないと断ったが、それでも是非見たいと言うので、 神官はそれではと淵を見せた所しばらくして水が逆巻き上り、其の中から龍が紅の舌を巻き三間ほど頭を出して斉庵をにらんだ。
斉庵は心地悪くなり、駕籠で家に帰り、家内へその仔細をいいつつ死んでしまった。

その後工事も半ばになった時、淵の蓋の真中に二尺ほどの穴が明いていて、その穴へ鑿(のみ)を落とし込んでしまった。
するとしばらくして竜が現れその鑿を角に掛けて差出した。
大工は恐れて足で鑿を挟み上げたところ大工はたちまちに死んでしまった。
誠に生き神の報いであり恐ろしいことである。

宝物

国指定重要文化財

片添え刃鉄鉾身
両鋒両刃の袋造りの鉾身。
飛鳥時代のものと考えられる。
讃岐國一宮田村神社壁書
細川勝元によって制定された神社運営の厳修を掲げた壁書き。

国指定重要文化財

瑞花双鳳禽獣鏡
白銅製で裏面に鳳と禽の鳥を双方にあしらっている。
平安時代のもの。他に神鏡三面あり。

県指定重要文化財

後宇多天皇勅額
表に「正一位田村大明神」裏に「弘安7年歳次甲申7月日」と彫られた額。

県指定重要文化財

紺絲威肩白銅丸鎧
讃岐明珍作の松平家の家紋をあしらった鎧。江戸時代のもの。